カテゴリ:祭・イベント( 78 )

蔵の町 須坂

KURA, Suzaka
b0075364_14581742.jpg



b0075364_14585587.jpg


強制見物?
b0075364_14591132.jpg

古い蔵も、伝統あるお祭も、この先
若い世代に受け継がれていって欲しいものです・・・


 
 
 
 
 
[PR]
by hanawho | 2017-07-27 20:00 | 祭・イベント | Trackback | Comments(0)

SUZAKA-GIONSAI, Nagano, Suzaka-Cityb0075364_1952147.jpg
主に地元の人が表に出て迎えます

普通に市民バスが通り過ぎて行きました・・・b0075364_19531880.jpg
この通りは交通規制などは… ありえません!

カメラを向けてあげると喜ぶ。と聞いたので、パチリ☆b0075364_1953299.jpg
ん? な表情 ^^;
後ろの方が照れ笑い

神宮様を乗せたリヤカーと後ろに続く鼓笛隊
b0075364_19534336.jpg


若者もいました!約1名
b0075364_19534748.jpg


前夜、顔見知った Nさんも〜
b0075364_19535217.jpg
Nさんはデザイナーだそうです。日本男児は祭半纏がよく似合いますね♪

我等がまりなサンが御奉納。お祓いを戴きました! シャ〜ッ シャ〜ッ シャ〜〜
b0075364_2036261.jpg
健康第一、商売繁盛 (^o^)/

いつも元気を戴く〈ゲストハウス蔵〉のおかみ、まりなサンとそのファミリー
b0075364_20412841.jpg

前夜、蔵のスタッフさんや、その場にいた地元の方達に拍手で迎えられました☆

須坂祇園祭目当ての泊まり客は初めてだそうで・・・
250年も続く伝統のお祭なのに ^^;

 
 
 
 
 
 
[PR]
by hanawho | 2017-07-26 19:58 | 祭・イベント | Trackback | Comments(2)

須坂祇園祭

KSUZAKA-GION
b0075364_805992.jpg

熱中症覚悟で!?行列について回ることに・・・
b0075364_80548.jpg


b0075364_81366.jpg

噂によると日本一観客の少ないお祭らしい

いやはや噂にたがわず ^^;



 
 
 
 
[PR]
by hanawho | 2017-07-25 08:00 | 祭・イベント | Trackback | Comments(2)

夏のお祭

SUZAKA-GIONSAI   見るからに暑そうでスミマセン
b0075364_17171584.jpg

 
 
 
 
 
[PR]
by hanawho | 2017-07-24 17:22 | 祭・イベント | Trackback | Comments(0)

1等賞はコレ

Taro Okamoto Prize  岡本太郎賞
b0075364_19102770.jpg
〈Miss IIe のみた風景〉


b0075364_1910395.jpg

角砂糖で作られた都市

たしか賞金は弐百万円・・・

 
 
 
 
 
[PR]
by hanawho | 2017-04-17 12:00 | 祭・イベント | Trackback | Comments(0)

ここに来たわけ

The20th Exhibition of the Taro Okamoto Award for Contemporary Art
b0075364_7363493.jpg

出先で偶然知り合った作家さんが入賞されたと言うので興味を持ち高速バスに乗ってやって来た次第

b0075364_7363869.jpg

▲画像は受賞作
なめらかにカーブしたアクリル板が空間に浮かび静かに風に揺れる不思議な空間。光と影
上手く説明できませんが・・・




 
 
 
[PR]
by hanawho | 2017-04-14 08:00 | 祭・イベント | Trackback | Comments(0)

あんず祭でお買い物

Go ANZUMATSURI
b0075364_1211478.jpg

あんずの里に春が来ると、いつも1年分の乾物豆を買い出しに行きます。

この日は里の開花は8〜9分先
今日明日で満開になると思います

丘の方はまだまだこれから

 
 
 
 
 
 
[PR]
by hanawho | 2017-04-12 12:00 | 祭・イベント | Trackback | Comments(0)

和風な

Japanese style  “生の間”
b0075364_6444584.jpg

作家様の言葉:ある人物が最後に見た景色を撮影し、襖に仕立てたもの・・・
「襖」は曖昧な境界。城門やドアが恒久的であるものに対して、紙で作られた襖は空間を一時だけ仕切る…
襖の向こう側は ・・・

 そっと襖を開けてみましょうか…



b0075364_645344.jpg

作家様の言葉: 敗戦。日本は焼け野原になり、進駐軍がやってきた。
私は日銭を稼ぐ手段として、進駐軍相手に似顔絵を描き始めた。しかし適当な紙がなかった為、その辺に落ちている瓦に描いた。これが米兵の間に評判になり、順番待ちの行列になる日もあった。私の他に、米兵のライフマスクを制作する者も現れた。そんな進駐軍の似顔絵が70年振りにアメリカで発見された。

 1983年生まれの作家さんの年齢からすると、上記の言葉は作品の一部でもあるようです。
古い瓦と若い米兵の生き生きした表情がとても合っていました。


b0075364_6443772.jpg

私の言葉: 子供の頃、こんな古い瓦のかけらが道端の所々に落ちていました。
形のいい物を選んで「石けり」で遊んでいると「紙芝居」がやってきて皆で夢中になって観ました。

 ↑ストーリーです。^^;


 
 
 
 
 
[PR]
by hanawho | 2017-04-07 12:00 | 祭・イベント | Trackback | Comments(7)

A part of art
b0075364_12572767.jpg



b0075364_1257301.jpg

 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by hanawho | 2017-04-06 12:00 | 祭・イベント | Trackback | Comments(0)

〈特別賞〉いつかの食事

BE GOD
b0075364_12201649.jpg



b0075364_12201922.jpg

こういう作品を「インスタレーション」と言うそうです。(展示・設置)

ショウウインドウのディスプレイみたいな?
そういうのなら過去に自分もやった事あるな。模型とか作った事も
面白かった〜 バブルの頃

創るのも、応募するのも、出展するのも、保管するのも手間がかかりそうです

審査するのも、どういう方法でやるのか?

芸術家はそんな事考えない

芸術は爆発だ☆

皆様パワー全開!!!


ここは岡本太郎美術館



 


 
 
 
 
[PR]
by hanawho | 2017-04-04 12:00 | 祭・イベント | Trackback | Comments(2)